平素より当財団の施設をご利用いただきありがとうございます。
6月1日(月)より和歌山県の臨時休校措置が解除されることに伴い、子ども(高校生まで)が参加する利用についても、当財団の管理する施設を開館させていただきますが、一部制限があります。
また、貸館の再開にあたり、施設における感染防止のための対応を行いますが、ご利用の皆さまにもご協力いただきますよう、よろしくお願いします。

【開館開始】 令和2年6月1日(月)から

【開館施設】 和歌山県立武道館を含む当財団管理の施設

【県外からのご来館・ご利用について】
 北海道・埼玉県・東京都・千葉県・神奈川県の方は自粛にご協力をお願いします。

【和歌山県立武道館の貸館について】
大人・子ども(高校生まで)に関わらず利用することができます。
 但し、人と人とが接触するプレイはお控えください。

和歌山県立武道館における利用の制限(定員数の上限)・・・・・30人程度

○他の利用者、施設管理者等との距離を確保(できるだけ2m)できるようにしてください。強度が高い運動時は呼気が激しくなるので、より一層距離を空けてください。また、対人距離を確保するなど、プレー内容の工夫をお願いします。

【施設利用時の留意事項】
必ず下記の留意事項をご確認のうえ、チェックしていただき受付時に提出をお願いいたします。

利用者用チェックシート

利用終了後2週間以内に、利用者が新型コロナウイルス感染症を発症した場合には、当施設に対して速やかに濃厚接触者の有無等について報告してください。
・参加者把握に下記のデータをご活用ください。

参加者名簿

健康等チェックカード

新型コロナウイルスへの対策として「3つの密(密閉・密集・密接)」が重ならないようにすることが重要です。
詳細はこちらをご覧ください 。
(出典: 首相官邸ホームページより)

また、感染防止の3つの基本である①ソーシャルディスタンスの確保、②マスクの着用、③手洗いや「3密」を避けるなどの新しい生活様式が求められています。また、気温及び湿度が上がる6月ごろから夏、秋の初めごろまでは「熱中症」の対策予防も必要です。
新しい生活様式が求められている「令和2年度の熱中症予防行動」について下記のホームページをご覧ください。

詳細は環境省及び厚生労働省発表の「令和2年度の熱中症予防行動」をご覧ください。
(出典:厚生労働省ホームページより)